審美歯科や矯正歯科で綺麗で丈夫な歯を

審美歯科や矯正歯科に通って綺麗で丈夫な歯を取り戻す

Published by:

審美歯科について

歯ブラシ

■審美歯科とは
審美歯科とは、歯を健康的な状態にすることを前提に、美しく健康的な歯や歯茎をつくる(戻す)ことを目的とした歯科治療のことです。
よく矯正歯科と混合されることがありますが、異なるものです。

審美歯科では主に、ホワイトニングやクリーニング、セラミックやメラニン色素除去などをしてもらうことができます。

Published by:

顎変形症の場合

矯正中

[2.顎変形症]
上顎と下顎の骨格に大きなずれが生じており、噛み合わせ不全となっている場合、外科的な治療を行う必要性があります。
それらの主な症状は、開咬や反対咬合(受け口)などが挙げられます。これは基本的に審美歯科より矯正歯科の管轄に入ります。

基本的には、上顎と下顎のバランスを正常に保つために、外科手術を行って顎骨を削っていきます。
その後、ブラケットを用いて歯列の矯正を行っていきます。

保険で矯正治療を行う場合には、ブラケットは金属製のブラケットに限定されます。
一般的に透明なものや裏側のものは使用することができません。

Published by:

保険を適用できる治療

白く輝く歯

・保険適用に該当する治療

審美歯科、矯正歯科同様、保険が適用できる場合があります。

[1.先天的な咬合機能異常]
これは、上唇や口蓋が裂けた状態で生まれてくる、比較的高頻度に見られる形成異常のひとつです。
口蓋裂や口唇裂の場合は、哺乳障害や構音障害等の他にも、歯の成長過程や歯列などに悪影響を及ぼすことがあります。
矯正治療を始める時期は、その症状によって異なってきます。

保険を扱っている矯正歯科医院で受審している場合は保険での治療が可能になります。
また、顎口腔機能診断施設指定機関や育成更正医療指定機関に指定されている医院で治療した場合においては、自己負担分でも自治体からの補助を受けることが可能です。

Published by:

矯正装置の種類

審美歯科

・矯正歯科でつけることのできる矯正装置にはこれらの種類があります。

〈メタルブラケット〉
歯の前面につける金属製の装置のことです。
メリットとしては、装置が丈夫で壊れにくく、装置とワイヤーの滑りが良いところです。
また、歯の動きが他の種類に比べ早く動かすことができます。

デメリットとしては、装置を歯の前面に装着することで、見た目的に少し目立つところです。

〈セラミックブラケット〉
形状的にはメタルブラケットとほとんど同じです。
メリットとしては、装置自体の色が白く、見た目的に目立ちにくいところが挙げられます。

デメリットとしては、メタルブラケットに比べて強度が若干劣るところが挙げられます

〈リテーナー〉
これは別名「保定装置」ともいい、歯並びと噛み合わせを整えた後に、これを安定化させるための装置のことをいいます。
さきほど説明した装置は歯やあごを移動するための装置ですが、このリテーナーは基本的に歯を動かさないようにするもので、治療した歯をそのままの状態で維持し、歯が後戻りすることを防ぎます。

このリテーナーは、食事と歯磨きの時間以外は装置しておかなければなりません。
また、これらの装置は審美歯科では使うことがほとんどありません。

Published by:

矯正装置とは

治療中

・矯正装置について
歯の矯正治療を行う際は、矯正装置と呼ばれるものを使用します。
この装置使用するときは、まず歯並びを治すために、取り外しをすることができない針金を使った装置をつけます。
そして歯並びが治った後、数日間は歯が動くたびに少し痛みが生じます。
この歯の痛みは、次第に慣れてくるので、基本的に痛み止めを飲んだり注射を打ったりする必要性はありません。
口内炎に関しては、緩和剤を担当医からもらう、消毒や軟膏などを塗って対応します。

この矯正装置自体は、基本的に取り外しができないことに加え、繊細で複雑な形状でつくられているため、硬い食べ物はなるべく奥歯をつかって噛むようにし、ガムやキャラメルなどの食べ物は極力控えるようにしたほうがいいでしょう。
また、食べたあとや就寝前などは歯磨きを念入りに行うことが大事です。
この食後の歯磨きや就寝前の歯磨きは、矯正歯科、審美歯科問わず、どの歯科医院でも推奨しています。

Published by:

こどもが矯正する場合

矯正歯科

・こどもの矯正の場合
基本的に、歯が生えそろう時期は小学校高学年~中学生にかけてです。
この時期は、ほとんどの子があごの成長が止まっており、短期化の治療で改善できるということはすごく難しい状況になります。
そのため、一般的には永久歯が生え始める6~7歳の頃から予防として矯正歯科や審美歯科に通い始める家庭が増えてきています。
それは、どのような場合に行うかというと、「後から生えてくる永久歯に悪影響が起こる場合」、「成長発育に問題をきたしそうな場合」、「生えてきた永久歯の位置が悪い場合」などが挙げられます。
他にも、「小児の適切な時期に治療することで、永久歯の矯正治療が必要なくなる可能性が高い場合」、「将来歯を抜かない状態で治療できる場合」などもあります。